フンクションメソッド英語・英会話学習教材「私たち)、どこに行きましょう?」など [ファンクションメソッド英語・英会話学習教材]


スポンサードリンク





英語は簡単に話せる ファンクションメソッド教材
GRADE-1からGRADE-30の N T E N T Sです。
例えばGRADE-1です。
↓↓↓↓↓↓↓↓
1. I am. 2. We are. 3. You are
4. She is, 5. He is, 6. It is
↓↓↓↓↓↓↓↓
これがGRADE-1の先端でした。
これは、この教材でリスニングしていただけます。無料音声対応にもしている。
TTSReader 
https://ttsreader.com/ja
これせのGRADE-30の N T E N T Sまで維持します。
C. K. Ogdenはイギリスの英語を話せる学者ですが、現在ではヨーロッパ諸国にも広がり世界言語となり。アメリカ、インド、アフリカなどににも転がっています。
この英語を話せるのは、このファンクションメソッド教材の1年間くらいは必要です。
つまり、日本の英語教育が間違っていますが、簡単に英語が話せるは簡単です。
https://function2.thebase.in/items/44489361

(GRADE 19-8) Shall I +原形動詞フレーズ?
[発想法]
Shall I+原形動詞フレーズ?は、「 (私が)~しましょうか?」と相手の意向を問うファンクションフレーズとなります。
   Open the window. → Shall I open the window?
   「窓を開ける」  「私が~しましょうか? 窓を開けること」
 (私)、窓を開けましょうか? 
Shall we+原形動詞フレーズ?は、「~しましょう」と「勧誘」を表すファンクションフレーズです。
 Play baseball. → Shall we play baseball?
 「野球をする私たちが~しましょうか?」  「野球をすること」
   (私たち)、野球をしましょうか? 野球をしましょう

■PRACTICE 19-8■「私),(あなたを)手伝いましょうか?」など

  (私)、窓を開けましょうか?
   Shall I open the window?
1. (私)、ここにいましょうか?
   Shall I be here?
2. (私たち)、静かにしましょうか?
   Shall we be quite?
3. (私たち)、会議に参加しましょうか?
   Shall we be at the meeting?
4. (私)、あなたのためにピアノをひきましょうか?
   Shall I play the piano for you?
5. (私)、もっとゆっくり話しましょうか?
   Shall I speak more slowly?
6. (私)、新聞を読んであげようか?
   Shall I read the newspaper?
7. (私たち)、夕食を作りましょうか?
   Shall we make supper?
8. (私たち)、テレビを見ましょうか?
    Shall we watch television?
9. (私たち)、一緒に一緒に公園に行きましょうか?
   Shall we go to the park together?
10. 私は今日、何をしたらよいのでしょう?
   What shall I do today?
11. (私たち)、どこに行きましょう?
   Where shall we go?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
1. Shall I be here?
2. Shall I be quite?
3. Shall we be at the meeting?
4. Shall I play the piano for you?
5. Shall I speak more slowly?
6. Shall I read the newspaper?
7. Shall we make supper?
8. Shall we watch television?
9. Shall we go to the park together?
10. What shall I do today?
11. Where shall we go?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
この英文を「英文読み上げソフト」にコピペして英文をリスニングし、英語脳定着を確認していただきたい。
これは、この教材でリスニングしていただけます。
無料音声対応にもしている。TTSReader 
https://ttsreader.com/ja

■----GRADE1――■<~は、ドンナだ>文を学習
英語発想トレーニング 中1配当その2
■――GRADE2――■<~は、ナニ だ>文を学習
英語発想トレーニング 中1配当その3
■----GRADE3――■<~は、ナニ だ>文 複数表現学習
英語発想トレーニング 中1配当その4
■――GRADE4――■<~は、ナニ だ>所有格の表現を学習
英語発想トレーニング 中1配当その5
■――GRADE5――■ Yes=Noで答える疑問文以外の疑問表現
英語発想トレーニング 中1配当その6
■GRADE6■ be動詞(am,are,is)は「存在」を表す表現
英語発想トレーニング 中1配当その7
■――GRADE7――■  be動詞を用いた疑問詞の表現
英語発想トレーニング 中1配当その8
■----GRADE8――■ 一般動詞の学習展開
英語発想トレーニング 中1配当その9
■――GRADE9――■ 「~をドウする文」とは?
英語発想トレーニング 中1配当その10
■――GRADE10――■ 他動詞の用法で、目的語が代名詞のものを学習
英語発想トレーニング 中1配当その11
■――GRADE11――■ 一般動詞を使った文での疑問詞を使った表現
英語発想トレーニング 中1配当その12
■----GRADE12――■ 命令表現
英語発想トレーニング 中1配当その13
■――GRADE13――■ 現在進行形の学習
英語発想トレーニング 中1配当その14
■――GRADE14――■ be動詞過去形の表現
英語発想トレーニング 中1配当その15
■----GRADE15――■ 一般動詞の文、その過去形を学び
英語発想トレーニング 中2配当その1
■――GRADE16―■ 受身形表現
英語発想トレーニング 中2配当その2
■――GRADE表現17----■ 現在完了形の表現
英語発想トレーニング 中2配当その3
■――GRADE表現18――■ be going to+原形動詞フレーズの学習
英語発想トレーニング 中2配当その4
■----GRADE表現 19――■ 様々な助動詞の表現
英語発想トレーニング 中2配当その5
(GRADE 19-1) 助動詞willの表現 肯定表現
(GRADE 19-2) 助動詞will+原形動詞フレーズ be動詞フレーズ 肯定表現
(GRADE 19-3) will+原形動詞フレーズ 否定表現
(GRADE 19-4) will+原形動詞フレーズ 疑問表現
(GRADE 19-5) will+原形動詞フレーズ 疑問詞付きの疑問表現
(GRADE 19-7) will+原形動詞フレーズ 応答表現
(GRADE 19-8) Shall I +原形動詞フレーズ?
(GRADE 19-9) should+原形動詞フレーズ
(GRADE 19-10) may+原形動詞フレーズ 肯定・否定・疑問形表現
(GRADE 19-11) must+原形動詞フレーズ 肯定表現
(GRADE 19-12) must+原形動詞フレーズ 否定・疑問表現
(GRADE 19-13) had better+原形動詞フレーズ
■――GRADE表現20――■ to+不定詞の表現
英語発想トレーニング 中2配当その6
■----GRADE21 表現----■動名詞についての学習
英語発想トレーニング 中2配当その7
■――GRADE22――■ 感嘆表現
英語発想トレーニング 中2配当その8
■――GRADE23――■ 比較表現
英語発想トレーニング 中2配当その9
■――GRADE24――■ 数や量を表す表現
英語発想トレーニング 中2配当その11
■----GRADE25――■動詞フレーズのパターンについて学習
英語発想トレーニング 中3配当その1
■――GRADE26――■ 節を導く
英語発想トレーニング 中3配当その2
GRADE27■中3配当の原形動詞フレーズ(不定詞)の用法を学習
英語発想トレーニング 中3配当その3
■――GRADE28----■ 様々な接続詞の表現
英語発想トレーニング 中3配当その4
■――GRADE29----■ 英語発想の語順とは
英語発想トレーニング 中3配当その5
■――GRADE30――■ 関係代名詞の表現


当教材を製作したのは中嶋太一郎
1988年--英語教育界に旋風をまき起こす発想転換の書-「話せもしない英語学習に見切りをつけろ」「暗記では話せない」一光社、その後「英語のしくみ」「英作文逆転の発想」「イメトレ英語学習法」日本実業出版社、「7つの動詞で身につける英語感覚」はまの出版、「九九で覚える英会話」ベレ出版など10冊の英会話本を著した。


Click!ファンクションメソッド英語研究会

BASEでは、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードや多数の決済が可能です。

英語は簡単に話せる ファンクションメソッド教材
GRADE1からGRADE30 N T E N T Sです。
いわば、日本の英語教育中1から中3に当たりますが、日本以外では簡単に英語を話せる教材です。
C. K. Ogdenはイギリスの英語を話せる学者ですが、現在ではヨーロッパ諸国にも広がり世界言語となり。アメリカ、インド、アフリカなどににも転がっています。
https://english-info.blog.ss-blog.jp/2021-05-10-3
この教材をご購入していただけます。
https://function2.thebase.in/items/44489361
たった16の動詞で日常会話 語彙力増強シリーズ 教材
https://english-info.blog.ss-blog.jp/2021-05-11-1}
https://function2.thebase.in/items/40115425

ネイティブが選んだ日常会話必須64動詞教材
https://english-info.blog.ss-blog.jp/2021-05-09-3
https://function2.thebase.in/items/44489093
世界水準の英語脳構築プログラムシリーズ教材
https://english-info.blog.ss-blog.jp/2021-05-12-1
https://function2.thebase.in/items/40076394


ファンクションメソッド語彙力強化教材シリーズ
日本語でもそうですが、ことばというものは、1つ1つの単語が無機的につながるのではなく、フレーズ、つまり「意味ある単位」として使われます。 英語を学ぶためには、暗記という作業を避けることはできません。しかし、それが無機的な単語の丸暗記や、あるいは逆に一文丸暗記だとしたら、それは果てしのない覚えては忘れ、忘れては覚える無限地獄におちいる作業でしかないことになります。

多くの学習者がこれに陥っているといっていいでしょう。ファンクションフレーズ(主体と情緒などを表す意味ある単位)と、動詞フレーズを個別にとらえ、それらを別々に暗記すれば、確実に「使える英語」が身につき● takeを「とる、連れていく、かかる」、makeを「作る」、doを「する」などと覚えていても何の役に立たないことがよくわかりました。
take actiontake a train, take a shower, take me outなどをとっても、日本語の意味は様々に変わるんですね。動詞は動詞フレーズとして覚おぼえなければならないということがよくわかりました。イギリスに短期留学してもほとんど英語が身につかない体験をしました。この教材は日本人のために作られたのですね。
                          東京都在住 女性 
U-Tube 動画 http://bit.do/frmuh
English-trekking vol-1 Basic
教材サンプル(HTML)  http://bit.do/fttNU
English-trekking vol-2 Basic サンプル http://bit.do/fttN5
English-trekking vol-3 FUNDAMENTL サンプル http://bit.do/fttkU
English-trekking vol-4 Essential 1 サンプル http://bit.do/fttma
English-trekking vol-5 Essential 2 サンプル http://bit.do/fttmp


TOEICスコアアップ 「ファンクションメソッド英会話独習テキスト
中嶋太一郎がTOEIC試験講師として、大学生のために使用し、約10日間の短期間で平均150点アッップを実現した教材を独習テキスト用に大幅に加筆したものです。

英語を自由に話す強固な土台が作れるファンクションメソッドによる自学自習のための英語・英会話教材! この教材のLet's Tryの項目には3,051の文例を所収しています。英語を自由に話す強固な土台が作れる英語・英会話教材!  TOEIC試験・英検など試験対策に 約60分音声付きHTML
U-Tube 動画 http://bit.do/frmr5 教材サンプル(HTML) http://bit.do/fttf8


 
絶賛、tweet!

  今回のトレーニングは以下のものです。

以下はアマゾン 電子書籍
当研究会の電子書籍 Kindol キンドルで販売中のものです!
http://urx.red/rPTv


中嶋太一郎 ツイッター
https://twitter.com/cominica


ファンクションファンクションメソッド U-Tubeチャンネル
https://www.youtube.com/cominica1




nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

>